アルミ合金のパイプ状のものにゴム製の丸いハンマーがついていて、それを振ると
音の出る楽器。「音叉」の原理を利用しています。横から見るとよく解ります。
色んな長さのものがあり、一本一本それぞれの固有の音を持っています。

シルバー色のパイプはピアノの白鍵、黒色は黒鍵にあたります。各々が必要な音の
チャイムを分担しますが、曲によっては一人が数本の楽器を持ち換えて演奏します。

きれいに響く音を出すのはとても難しいですが、オルゴールのような、柔らかく、澄んだ美しい、かわいい音が魅力です。手に持ちやすい形に設計されているため、子供から大人まで誰もが手軽にトーンチャイムの響きを楽しむ事ができます。
クワイアチャイムとも言われています。

振り方は特に奏法はありませんが、手首を少し後ろ向きに折りながら構え、音を出す時はその手首をまっすぐに伸ばしながら腕を前の方に出します。
ハンマーのあたるタイミングで強弱をつけます。

音を止める時は、パイプの先を胸や肩に押さえつけたり、もう片方の手で握ります。
低音部はとても重いので大変です。

一度この音を聴くと「とりこ」になること間違いなし・・・・
この「とりこ」になっているのが Twinkle Ringers です。

トーンチャイムって どんな楽器?